夏に発生するiPhoneの熱暴走、高温注意になるのを防ぐために

Iphone netubousou thermalrunaway

夏になると、iPhoneも熱くなりがちです。

直射日光の下で動画撮影をしたり、ゲームをしたり、日向に置きっぱなしにしていると、iPhone本体が熱でシャットダウンして「高温注意」という警告画面が表示されることがあります。

こうなると、冷めるまではiPhoneが使えません。

また、本体があまり高温になるとバッテリーの寿命を著しく損なうことにもつながるので、iPhone本体が熱くなってきたなと感じたら、熱暴走する前に冷やしてやる必要があります。

iPhoneを冷やす方法

最も一般的なのが風を当てて冷やす方法。
ハンディ扇風機でもエアコンの風でもなんでもいいので、とにかく風に当ててやりましょう。

一気に冷やす必要がある時は、常温の水で冷やすのも有効です。

山間部の湧き水や氷水といったキンキンに冷えた水だと、温度差で結露する可能性があるので良くありませんが、常温の水なら空冷よりも短時間で冷やすことができます

もっとマイルドに冷やすには、無駄な機能をOFFにすることです。

Wi-FiやテザリングをOFFにする

Wi-Fiとテザリングは発熱の原因となるので、これらをOFFにすることで発熱量がかなり違ってきます。

Iphone netubousou thermalrunaway 02

操作はコントロールセンターから。
モバイルデータ通信は残して、Wi-FiやテザリングをOFFに。

機内モードですべての通信をOFFにする

通信をすべてOFFにするのも有効です。

Iphone netubousou thermalrunaway 03

一時的に機内モードにしてしまえば、バックグラウンドでアプリも通信を行わないので、10分ほどでiPhone本体が冷えてきます。

動画撮影で使う時も機内モードにすることで、できるだけ発熱を抑えることができます。

電源をOFFにして冷めるまで待つ

電源をOFFにすれば発熱はゼロになるので、時間とともにiPhoneは自然と冷えていきます。

これなら空冷も水冷も使えないシーンでは、この方法が最も効果的です。

Iphone netubousou thermalrunaway 05

電源ボタンと音量上ボタンを長押し。
スライドで電源OFF。

この時期は、動画撮影をするとどうしても熱暴走してしまうので、10分撮影したら少しインターバルをおいてから撮影するといった工夫も必要になりますね。

 スマホ冷却グッズを探す

スマホ用のクーラーを使えば、使いながらでも冷却することができます。ファンの音がうるさいので動画撮影に使う場合は、外部マイクを使う必要がありますが、熱暴走する恐れはかなり低くなります。iPhoneで動画撮影中に熱暴走してしまうと、保存に失敗するという最悪のケースもあるので、夏場の日中に利用する方は、ちょっと気をつけた方がいいでしょう。

関連するエントリー

 ahamoにMNPで10,000ポイント!

ドコモ回線で20GB使い放題、20GB超過時でも1Mbps、5分通話無料、他社からMNPで10,000ptプレゼント!