10.9インチiPad 10が10月26日に発売、A14チップにUSB-C搭載で68,800円〜

当サイトの記事には広告が含まれます。

IPad10 release 05

本体デザインが新しくなったiPad 10が登場、10月26日より発売されます。

10月に新型iPadが登場することは以前から伝えられていたので、サプライズは特にありませんが、先月のiPhone 14の様に発表イベントが開催されるのかと思ったら、すんなりとiPad 10、M2 iPad Pro、Apple TV 4Kが登場したのは、ちょっと意外でしたね。

Appleも「お前ら、どうせ出るの知ってるだろ?イベントスルーして出してやるわ!」という感じでしょうか。

さて、今回登場したモデルの中で、最も気になるのが初物となるiPad 10です。

価格はかなり高くなって、68,800円から

もはや廉価モデルとは言えない価格帯になってしまいました。円安のせいで。

IPad10 release 02

iPad 10

Wi-Fiモデル

  • 64GB68,800円(税込)
  • 256GB92,800円(税込)

Wi-Fi + Cellularモデル

  • 64GB92,800円(税込)
  • 256GB116,800円(税込)

iPad 10の当て馬のように旧モデルのiPad 9も販売継続されていて、こちらは49,800円からとiPad 10よりも2万円ほど安いのと、最後のホームボタンTouch ID搭載モデルとなるので、今あえてこちらを選ぶ人もそれなりにいそう?

いや・・・いないか。

価格は7月に価格改定されたまま、値下げされていないし。iPad 10の価格と比較すると安く見えるマジックなだけで。

IPad10 release 04

iPad 10は、これまでのラウンドエッジ筐体にホームボタンのデザインから、iPad Air 5やiPad mini 6と同じく、ソリッドエッジ筐体にトップボタンTouch IDに変わりました。入出力ポートもLightningからUSB-Cに変わり拡張性が向上。Cellularモデルは5Gに対応しました。SmartConnectorを搭載しており、専用のMagic Keyboard Folioにも対応しています。

フロントの12MP超広角カメラは、本体を横置きにした時に真ん中に来るように配置されています。

IPad10 release 01

搭載されているSoCはA14チップで、iPad Air 4やiPhone 12と同等のパフォーマンス。M1チップ搭載のiPad Air 5やA15チップ搭載のiPad mini 6と比べると、パフォーマンスはやや劣ります。

その他、Apple Pencilは第1世代のみをサポート、ディスプレイに反射防止コーティングが無い、12MP広角カメラにLEDフラッシュが無いなど、コストダウンされている部分も見当たりますが、無印iPadとしては、おおむね納得のいく仕様。

M1チップ搭載のiPad Air 5、コンパクトなiPad mini 6、そして今回のiPad 10。本体デザインは似通っていますが、機能面でうまい具合に区別化されていて、どれを買ってもいいようになっているのは流石マーケティングのプロApple。

唯一、iPad 10のネックとなるのがApple Pencil 2に非対応という点。これは廉価モデルの立ち位置として仕方のないことなので、Apple Pencilを使うのなら、Apple Pencil 2に対応しているiPad AirかiPad Proを買った方が後悔することは無いでしょう。

ちなみに、米国でのiPad 10の販売価格は449ドル〜。

Appleレートが120円だった場合は53,880円〜なので、どれだけ円安が足を引っ張っているのかわかります。ここまでの円安じゃなければ、もっと注目されるモデルチェンジになったのかな?

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。