iPhone 15 Proは物理ボタン無し、触覚フィードバックボタンに変更される

Iphone15pro hapticbutton

来年の秋に登場予定のiPhone 15 Proには、物理ボタンが搭載されずに電子式ボタンが搭載されるという噂が以前ちょろっと出ていましたが、その具体的な仕組みについて、バークレイズの市場調査レポートによる情報によると、振動を発生させるHapticボタンが搭載されると予想されています。

Hapticというのは、いわゆる触覚フィードバックによる擬似的な物理ボタンの再現です。

手で触れた時に振動させることで、あたかもボタンを押したように体験することができる機能で、iPhoneでは、ホームボタン型Touch IDを押した時やホーム画面アイコンを長押しタップしたり、スワイプ操作をする時に体験することができます。

この振動を発生させているのが、iPhoneに搭載されているTaptic Engine。iPhone 8以降のモデルに搭載されています。

iPhone 15 Proでは、このTaptic Engineからの振動を利用して、トップボタン(電源ボタン)や音量調節ボタンを押した時に触覚フィードバックを発生させることで、物理ボタンを使っている時のような使い心地を再現します。

  • iPhone 15 Proには物理ボタンが搭載されず、電子式のHapticボタンが搭載される
  • 電源と音量調節はこのHapticボタンで行う
  • Hapticボタンは押した時に触覚フィードバックがある(iPhone SEのホームボタンの様な感じ)
  • ボタンの触覚フィードバックの為に、iPhone 15 Proには2つのTaptic Engineが搭載される

Hapticボタンの耐久性に関しては、iPhone SEのホームボタンを参考にすると、物理ボタンと同様かそれ以上の耐久性はありそうですね。耐水性のアップも見込めますが、物理ボタンとは違うので、保護ケースはボタンの部分をオープンにする必要があるかも?

なお、通常モデルのiPhone 15には、これまでと同じ物理ボタンが引き続き搭載されます。

関連するエントリー

dtv