iPhone 15シリーズの外装の格差、Proより通常モデルの方が傷や汚れに強いという逆転現象に

当サイトの記事には広告が含まれます。

iPhoneシリーズにおいて上位モデルとなるProは、全てにおいて優れているという認識が変わってきたように思えます。

iPhone 15 Proでは、外装の素材をチタニウムに変更したことで「傷が付きやすい」というデメリットが生まれましたが、さらに「指紋も付きやすい」というデメリットもあるようです。

Ipohne15pro vs iPhone15 fingerprintmarks

Appleストアの展示品を比べると一目瞭然。

アルミニウム素材のiPhone 15はうっすらと指紋が付いているだけですが、チタニウムのiPhone 15 Proは指紋で汚れています。

指紋についてはiPhone 14 Proのステンレススチールでもめっちゃ付く仕様だったので、あまり変わっていないということになりますね。

さらにiPhone 15シリーズでは背面ガラスも別物になっています。

IPhone15 backglass

iPhone 15の背面ガラスは「カラーインフューズドガラス」、iPhone 15 Proの背面ガラスは「テクスチャードマットガラス」になっています。マットガラスという名前の通りマットな質感になっているので、グリップ力は通常モデルのiPhone 15の背面ガラスの方が優れています。

この背面ガラスですが、落下テストによりiPhone 15 Proの背面ガラスはやたら脆いという結果が知られています。カメラモジュールが大き過ぎてそこから落下して衝撃が加わって破壊されるパターンがほとんどですが、もしかすると「カラーインフューズドガラス」と「テクスチャードマットガラス」とで強度が違うのかもしれません。

チタニウムという響きはいいですが、軽さというメリットと引き換えに「傷が付きやすい」「指紋が付きやすい」というデメリットもあることを知っておきましょう。

逆に、通常モデルのiPhone 15に関しては、A16チップ、Dynamic Island、48MPカメラ、4倍光学ズーム、USB-C(USB 2.0)というスペックで、非常に完成度の高いモデルとなっています。今からiPhone 14を買うくらいなら、もう少し費用を捻出してiPhone 15にしておくと後悔することはありません・・・というのはドル建ての話で、円建てだとちょっと高すぎるので一概に買いのモデルとは言えないかも。1年待てば16が出るし。

関連するエントリー

PR

 本を聴くAudible 無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。