GoPro HERO 12はイメージセンサー変更無し、バッテリー駆動時間の延長と手ぶれ補正の強化

当サイトの記事には広告が含まれます。

GoProHERO12Black 01

GoProの最新アクションカメラHERO 12 Blackのリークがありました。

2023年9月13日に発売ということで、公式カタログからのものと思われるリークとなります。

以前リークされていた1インチセンサーを搭載しているという情報とは異なり、1/1.9センサー搭載となっていてイメージセンサーに変更はなく、HERO 11 Blackからのマイナーアップデート版という印象です。本体にも大きな変更点はありませんが、よく見るとラバーパーツの部分にペンキ跡のような加工が施されているのがわかります。

HERO 11 Blackからの主な変更点としては、手ぶれ補正がHyperSmooth 6.0にアップデートされたことと、バッテリー駆動時間がやや延長されたことです。

バッテリー駆動時間は、HERO 11 Blackと同じEnduroバッテリーを搭載していますが、5.3K@60fpsのビデオ撮影で最大70分の録画が可能になっていて、HERO 11 Blackよりも9分延びました。その他の撮影モードでも長く録画できるようになっています。

GoProHERO12Black 02

HERO 12 Black

  • イメージセンサーはHERO 11 Blackと同じ
  • 本体もHERO 11 Blackから変わらず、重さも同じ154g
  • 2023年9月13日発売
  • 価格もHERO 11 Blackと同じ

HERO 11 Blackからどう変わった?

  • HyperSmooth 6.0で手ぶれ補正が向上
  • バッテリー寿命が少し延びた

肯定的に受け取るなら「HERO 11 Blackの完成度をさらに高めた」、否定的に受け取るなら「ほとんど変わってない」というアップデートになる2023年モデルのHERO 12 Black。

幸い価格は変わっていないので、年末あたりに行われる公式のセール価格で手に入れるのが良さそうですね。

関連するエントリー

PR

 Kindle Unlimitedで電子書籍読み放題

12万冊以上の電子書籍がアプリやブラウザから読み放題になるサービス。マンガや雑誌も読めるので、気分に合わせた読書が自由にできます。まさに読書好きにとって最高のサービス。今すぐ無料体験を始めてみましょう。