macOSのクイックアクションでAVIFをjpgに変換する

当サイトの記事には広告が含まれます。

Macos avif to jpg 02

macOSではAVIF形式の画像ファイルがサポートされていますが、Macで使っているフォトレタッチアプリのAffinity Photoでは、AVIF形式の画像ファイルはサポートされていませんでした。

これじゃあ編集できないので、jpgに変換することにします。

AVIFフォーマットとは?

AVIFは2019年に登場した新しい画像フォーマットで、AV1ビデオコーデックに基づいており、圧縮率が高くファイルサイズをかなり小さくできるメリットがあります。macOSではVenturaからサポートされているので、AVIF形式の画像ファイルを表示することができます。

しかし、Affinity Photoでは新しいファイルフォーマットのサポートが遅れていて、webpですらまだ出力できませんし、AVIFは開くことすらできないというわけで、jpgに変換してから編集することになりました。

AVIFをjpgに変換する

Macos avif to jpg 01

画像ファイルを右クリックしてメニューを出します。
クイックアクションにある「イメージを変換」を選択します。

Macos avif to jpg 03

イメージを変換では、jpg / png / HEIF(heic)の3種類のフォーマットに変換することができます。

Macos avif to jpg 04

元ファイルを残しつつ、jpgに変換されたファイルが出力されました。

複数ファイルを選択して、まとめて変換することもできます。

関連するエントリー

PR

 楽天モバイル Rakuten最強プラン

3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の最強プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、お電話かけ放題。