iOS版Googleドライブにもスキャンツール実装、文書を自動でPDFとして取り込める

当サイトの記事には広告が含まれます。

GoogleDrive PDFscanner 1

GoogleドライブのiOS向けアプリにスキャナー機能が実装されました。最新バージョンにアップデートすることで使えるようになります。

Android向けアプリには数年前から備わっている機能で、カメラを起動すると自動的に文書をスキャンしてPDFとしてGoogleドライブに保存できる機能になります。

使用するには、ファイルメニューにあるカメラアイコンから。

GoogleDrive PDFscanner 2

または、メニューの+をタップしてスキャンを選択。

撮影モードに切り替わります。

GoogleDrive PDFscanner 3

これまでのバージョンでは、カメラモードとして撮影した画像をGoogleドライブに保存するという機能でしたが、最新バージョンでは文書、レシート、カードなどがあると、自動的に撮影して取り込むようになります。

上のメニューから、フラッシュの有無カラーの変更が行なえます。白黒に変更するとコピーしたような感じになります。

GoogleDrive PDFscanner 4

取り込んだ文書は、文書の部分だけを自動でトリミングされて高解像度のPDF形式で保存されます。

ほぼ完全に自動で取り込めるので、人間が行う作業はタップするだけ。

  • 透かし無しのスキャンツール
  • 自動で文書を認識して自動でトリミング
  • 高解像度のPDFファイル形式でGoogleドライブに保存
  • 取り込んだ写真内のテキストを検索可能

しかし、こちらの機能を試してみた所、スキャンしたPDFをGoogleドライブに保存したはずなのに、いくら探してもそのファイルは見つかりませんでした。

スキャンしたファイルは一体どこに?

Androidで試してみたら、即座にGoogleドライブに反映されたのでサーバー側の問題ではなさそうです。というわけでiOSのスキャンツールは、安定するまでしばらく様子見したほうがいいでしょう。

関連するエントリー

PR

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。実際に使ってみてわかる配信作品の豊富さとコアっぷり!料金分の価値は確実にある。まずは間無料体験でお試しで。