指紋が目立ちにくいスペースブラックのMacBook Pro、特許技術で表面をマット加工にしたためだった

当サイトの記事には広告が含まれます。

MacBookPro SpaceBlack fingerprintresistance 1

スペースブラックのMacBook Proは本当に指紋が付きにくいのか?

スペックよりも注目度の高いポイントですが、iFixitの調査によると「指紋は付着するものの、たしかに目立ちにくいかも」という結果が出ています。

MacBookPro SpaceBlack fingerprintresistance
(image: iFixit)

スペースブラックのMacBook Proにはマットブラックの外観を持つ陽極酸化処理が施されています。これはAppleの特許技術となっていて、普通のアルマイト処理とはちょっと異なります。陽極酸化被膜を形成しつつ、アルミニウムの表面をエッチングして凸凹にすることで、普通のアルミニウムよりもマットな仕上がりとなります。

そこで、iFixitがレーザー測定でスペースグレイとスペースブラックの凹凸を測定したところ、スペースブラックの表面はスペースグレイよりも凹凸があることが確認されました。この凹凸こそが、指紋を目立ちにくくさせる理由の1つと考えられています。

ツヤツヤのブラックよりも、つや消しマットなブラックの方が汚れが目立ちにくいのは確かです。例を挙げるなら、iPhoneやiPadのディスプレイ(ツヤツヤのブラック)とiPhoneやiPadのケース(梨地仕上げの部分)のような感じですね。梨地仕上げは、ざらついた表面のアレです。ツヤツヤよりもつや消しの方が、表面がツルツルよりも梨地の方が汚れが目立ちにくいということですね。

ということは、スペースグレイにこの処理を行ったら最強ってこと?

関連するエントリー

PR

 Kindle Unlimitedで電子書籍読み放題

12万冊以上の電子書籍がアプリやブラウザから読み放題になるサービス。マンガや雑誌も読めるので、気分に合わせた読書が自由にできます。まさに読書好きにとって最高のサービス。今すぐ無料体験を始めてみましょう。