「水没したiPhoneを米袋の中に入れないで」というアホな注意事項がAppleサポート文書に記載

当サイトの記事には広告が含まれます。

Donot put iphone in ricebag 2

iPhoneの液体検出警告にまつわるAppleサポート文書に、少し場違い感のある奇妙な一文が掲載されていることが発見され、ちょっとした話題となっています。

iPhone を米の袋に入れないでください。米の小さな粒子が原因で iPhone が損傷するおそれがあります。

ジョークのようですが、至って真面目なサポート文書として記載されています。

iPhoneのLightning / USB-Cポート(コネクタ)に水などの液体が付着していると「液体が検出されました」という警告が表示されるようになっています。最近のiPhoneは完全防水ですが、充電用ポート(コネクタ)に液体が付着した状態で充電してしまうとデバイスの故障につながるため、それを保護するための機能になります。

この液体検出警告が表示された時の禁止事項として、Appleサポート文書に掲載されているのが前述の「iPhoneを米袋の中に入れないでください。」という一文です。

Donot put iphone in ricebag 1

  • 高温の熱源やエアダスターで iPhone を乾かさないでください。
  • 綿棒やペーパータオルなどの異物をケースの コネクタに挿入しないでください。
  • iPhone を米の袋に入れないでください。米の小さな粒子が原因で iPhone が損傷するおそれがあります。

なぜ、こんな一文が記載されているのかというと、家庭の知恵として使われているローテクな乾燥方法として、水没した携帯電話やスマートフォンを乾燥させるために米袋の中に入れるという手法が古くから用いられてきたという経緯があります。乾燥剤の代わりにお米を使うということですが、この手法はややオカルトチックであり、場合によっては水滴がポートに残ったままサビが発生してデバイスが故障してしまう恐れがあることから、Appleはサポート文書に「iPhoneを米袋の中に入れるな」と追記したようです。

iPhoneが水没したり水に濡れた場合は、ポートを乾燥させるために以下の手順が推奨されています。

  1. iPhone のポートを下向きにして優しくたたいて余分な水分を抜き取る
  2. 風通しの良い乾いた場所で iPhone を自然乾燥させる。(30分以上)
  3. 充電を試して再び警告が表示される場合は、丸一日ほど自然乾燥させる。(最長24時間)
  4. iPhone が完全に乾いているのに充電されない場合は、アダプタからケーブルを外し、アダプタをコンセントから外してから接続し直す。

最近のiPhoneは完全防水になっているので、多少の水没には影響を受けることはなくなりましたが、ポート部分に水滴が残っていると充電できなくなるので、ちょっと注意が必要です。水没した後の充電については、Lightning / USB-Cケーブルを使わずにワイヤレス充電を使った方がいいでしょう。

関連するエントリー

PR

楽天モバイル