Vision Proには2種類の特殊なLightningポートが採用されていた

当サイトの記事には広告が含まれます。

VisionPro LightningConnector 1
(image: iFixit @iFixit)

iPhoneやiPadでは廃止されたLightningポートが、Apple Vision Proに受け継がれています。

まず最初に、Vision Proの専用バッテリーパックとの接続ケーブルに12ピンのLightningコネクタが採用されていることが発見されました。その後、Vision Proの分解を行っていたiFixitが、それよりもさらに巨大なLightningプラグを発見しています。

こちらはVision Proの本体とバンドを接続する部分に採用されており、10ピンのLightningコネクタですが、通常のLightningコネクタと比べると4〜5倍ほどワイド。サイドには切り欠けがあり、アタッチメントのようにして固定できるようになっています。

バッテリーからの給電は、ヘッドバンドのサイド部分からこのLightningコネクタを経由して本体に持っていく構造になっているようです。

VisionPro LightningConnector 2
(image: Ray Wong@raywongy)

Appleの独自コネクタとして、最新デバイスのVision Proでの生存が確認されたLightningコネクタ。

同様の例では、AirPods Maxのヘッドバンドの接続部分にも4ピンの極小Lightningコネクタが採用されています。

専用のバッテリーパックに独自規格を持ってくる辺りが「やっぱりAppleだな」という感じ。

関連するエントリー

PR

 まずは無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。