M3チップ搭載iPad Proの登場は5月初旬に延期、有機ELの生産の遅れが影響

当サイトの記事には広告が含まれます。

Frontcamera ipadair6 moved to center

3月4日にM3チップを搭載したMacBook Airが登場し、その後に登場が予定されていた新型iPad(有機ELディスプレイ / M3チップ搭載iPad ProとiPad Air 6)ですが、発売は少し延期されて5月初旬に登場する可能性があるということです。

BloombergのMark Gurmanさんの記事によると、iPad Proに搭載される12.9インチの有機ELディスプレイの生産に遅れが生じているということで、その生産数が一定に達するまでは発売されないだろうと予想されています。この影響により、iPad Air 6の発売も延期されることになります。

新型iPad Proは、より薄くなった筐体に刷新され、iPadとして初めて有機ELディスプレイを搭載し、SoCには3nmプロセスのM3チップを備え、MagicKeyboardとApple Pencilも一新された新型モデルが用意されているなど、近年では最も大きなアップデートとなることから、この春の注目のモデルとなっていました。

関連するエントリー

PR

 楽天モバイル Rakuten最強プラン

3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の最強プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、お電話かけ放題。