iPadOS 17.5ベータ版から未知のモデル識別子、有機EL搭載の新型iPad Proの存在を示唆か

当サイトの記事には広告が含まれます。

New m3 ipadpro may

iPadOS 17.5ベータ版から、ディスプレイ関連のコードに未知のiPadモデル識別子が記載されていることが発見されました。

モデル識別子は機種別に割り振られる型番のようなもので、例えば12.9インチiPad Proなら「iPad14,5」、11インチiPad Proは「iPad14,3」といったモデル識別子で分類されます。

今回、新しく発見されたモデル識別子は4種類あり、「iPad16,x」となっていることから有機ELディスプレイを搭載する新型iPad Proのものだと予想されています。

  • iPad16,3
  • iPad16,4
  • iPad16,5
  • iPad16,6

(モデル識別子が4種類あるのは、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルが別機種扱いになるため)

新型iPad Proは、数年ぶりに新設計された筐体に有機ELディスプレイとM3チップを搭載、横置きにしてFace IDに対応、新しいApple PencilとMagicKeyboardが周辺機器として用意されています。

販売価格はさらに上昇するとみられ、円安の日本ではこれまでで最も高級なiPadになることが予想されます。発表は5月初旬になるとみられ、日本ではGW明けになにか動きがありそうです。

関連するエントリー

PR

 本を聴くAudible 無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。