Apple、評判最悪のFine Wovenを生産終了、iPhone 16ケースは別の新素材に

当サイトの記事には広告が含まれます。

Finewovencase is end

Appleが昨年発売した繊維素材のFine Woven(ファインウーブン)について、Appleは開発を終了して生産ラインも閉鎖したと伝えられています。

従来のレザー素材に変わって、環境へ配慮した新素材としてiPhone 15ケースから導入されたばかりのFine Wovenですが、発売初期より購入したユーザーから「引っかき傷が付く」「油を吸い込んで汚れが残る」「展示品が汚い(みんなの汚れを吸収して)」といった報告が相次ぎ、さすがのAppleファンでも擁護のしようがないほどのポンコツ素材であることが早々に判明してしまったのは有名です。

なかでも致命的だったのが「摩擦でボロボロになる」という耐久性の低さで、購入から2ヶ月ほどでエッジ部分が削れてくるという脆さが指摘されていました。

さすがのAppleでもこのまま販売継続させるのは無理だろということで、登場から1年を待たずして開発と生産を終了させ、静かにフェードアウトさせる選択を行ったようです。

Fine Wovenが終了したとしても、環境に配慮する姿勢のAppleがレザー素材に回帰することは無いという考えから、iPhone 16ケースは新しい別の新素材を採用してくると予想されています。

いったいどんな素材になるのでしょうか?

関連するエントリー

PR

 楽天モバイル Rakuten最強プラン

3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の最強プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、お電話かけ放題。