消しゴムマジックがiPhoneでも使えるように!Googleフォトの全ユーザーに解禁

当サイトの記事には広告が含まれます。

GooglePhotos MagicEditor 2

5月15日より、GoogleフォトのAI編集が全てのユーザーに開放されます。

使えるようになるAI編集機能は、「消しゴムマジック(Magic Eraser)」や「ぼかし(Photo Unblur)」「明るさ調節(Portrait Light)」など。生成AIを使用して、オブジェクトを削除したり、被写体の位置を変更したり、空を灰色から青色に変えるなどの編集を、シンプルで直感的な操作で簡単に行うことができます。

GooglePhotos MagicEditor 1

これらのAI編集機能はMagic Editorとして、Google Pixel 8とPixel 8 Pro限定の機能として提供されていました。その後、全てのGoogle Pixelで使えるようになり、その制限は5月よりさらに緩和され、Android および iOS版Googleフォトを使っている全てのユーザーが使えるようになります。

ただし、無料ユーザーの場合はMagic Editorが使えるのは毎月10回まで。この制限を超えるには、Google Pixelまたはプレミアム Google One プラン(2TB 以上)が必要となります。

  • Google Oneプラン 2TB:1,300円
  • Google Oneプラン AIプレミアム2TB:2,900円

2TBのクラウドストレージに付帯する機能としてMagic Editorが提供されるのは、ちょっとお得感があるかも?

これらの新機能は、5月15日より段階的にリリースされます。

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。