発売前のiPhone 12が大量販売!中国深センの魅力

中国の深センでは、iPhone 12の発売開始に先駆けてiPhone 12が大量に販売されているという。

一体どういうことか?というと、実はこちらの中身はiPhone 11。

iPhone 12っぽい外装パーツに、iPhone 11の中身をそのまま移植したもの。

ModifyiPhone11 to iPhone12

いわゆるMODケース。
本物のパーツを流用しているのか、質感はそんなに悪くないですね。一昔前のニセiPhoneと比べると全く違います。今はニセiPhoneも本物のパーツを使って、めちゃくちゃ精巧(外見だけは)に作られているものが多いですけど、これは中身も本物だし。

iPhone 11なのでMagSafeには対応してないけど、使うだけならこれでも十分でしょ。

 続きを読む

iPhone 12だけじゃない外箱の薄型、iPhone11やXRやSE2も同梱品がケーブルのみに・・・

IPhone12 Package 04

こちらは、iPhone 12のパッケージング(実物)です。

これまでの半分くらいのボリュームで、かなり薄く平べったくなっています。

充電アダプターとイヤホンを同梱せず、コストを削減環境に配慮した結果こうなりました。

IPhone12 Package 02

パッケージが小さければ配送コストも抑えられますし、在庫を抱えるショップにとっても収納スペースが小さくて済みます。ユーザーにとっては、ちょっと不満な部分もありますけどね。

iPhone 12についてはまあ分かるとして、販売が継続されるiPhone 11についてもパッケージングに変更が加えられています。

 続きを読む

旧型iPhoneでMagSafeを使えるようにするアイデア

IPhonexsmax magsafe

旧モデルのiPhoneにMagSafeはくっつくのか?

アルミは無理としても、ステンレススチールならワンチャンありそうな感じ。

ステンレスもタイプによっては磁石にくっつくものもあるので、iPhone XやiPhone XS、iPhone 11 Proなどフレームにステンレススチールが採用されているモデルならくっつくかも?

それを、iPhone XS Maxで試してみた人がいます。

 続きを読む

ケースを付けた状態でMagSafe充電器を使うにはMagSafe対応のケースが必要

IPhone12 Applecase magsagfe 04

Apple純正品の「MagSafe対応iPhone 12ケース」と「MagSafe充電器」を最速で入手した人が写真をTwitterにアップしています。

「MagSafe対応iPhone 12ケース」(5,500円)は、 iPhone 12とiPhone 12 Proのどちらにも対応しているApple純正の保護ケースでシリコン製。内張りにはマイクロファイバーというお馴染みの構造ですが、MagSafeに対応するように裏側にはリング状のマグネットが内蔵されています。

「MagSafe充電器」(4,500円)は、iPhone 12シリーズの背面に磁力で貼り付けて使えるワイヤレス充電器。通常のワイヤレス充電と同じ感覚で使えて、最大15Wで充電できるのが特長です。Qi充電との互換性もあるので、iPhone 8以降のモデルやAirPodsにも対応しています。(貼りつかないけど)

 続きを読む

バッテリー容量、iPhone 12は2815mAh、iPhone 12 miniは2227mAh

IPhone2020model comparison

iPhone 12とiPhone 12 miniのバッテリー容量が明らかになりました。

新型iPhoneのバッテリー容量やRAMの量については、いつもは中国の認証機関のWebサイトからの情報で明らかになりますが、今回はブラジルの認証機関のPDFからの情報です。

掲載されている内容によると、iPhone 12 miniのバッテリー容量は2227mAh、iPhone 12が2815mAh。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはバッテリー容量が記載されていないため不明。

iPhone 12 miniのバッテリー容量はiPhone SE 2よりもかなり多くなりますが、iPhone 12のバッテリー容量は、iPhone 11からやや少なくなっています。

 続きを読む