2020年にかけて拡大するスマートスピーカー市場、AppleやHarman Kardonも参入

SmartSpeaker 05

2017年は、音声認識システムを実装したスマートスピーカーが数々登場します。

現在、最も音声認識システムが賢いとされているのは、Googleの発売する「Google Home」。販売価格も120ドル前後とリーズナブルで、カスタマイズも可能というギミック付きでかなりの人気があります。

 続きを読む

Apple、SIriで音声操作できるスマートスピーカーを6月のWWDCで発表か

Amazon Echo

(写真はAmazon Echo)

Appleは、来月6月5日から開催されるWWDC 2017で、開発中と噂されるスマートスピーカーを発表する可能性が高いとアナリストが予想しています。

予想したのは、お馴染みKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏。

AppleのスマートスピーカーはSiriで音声操作が行えるスピーカーで、処理能力は「iPhone 6/6s」並み。デザインは「Mac Pro」の様な筒状になると噂されている製品です。スマートスピーカーとしては米Amazonの「Echo」が恐らく最も有名ですが、Appleの物はそれよりもハイエンドモデルになるとのことで、販売価格もやや高価になるかもしれません。

 続きを読む

Panasonic、SpotifyやAirPlay、ハイレゾ音源に対応するコンポ

Panasonic SpotifyAudio 01

Panasonicから、定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」に対応するオーディオ製品が登場しています。スピーカー一体型タイプのものからコンポタイプのものまであり、AirPlayなどのワイヤレス再生にも対応、ハイレゾ音源もOKという製品。

廉価版のBluetoothスピーカーに満足できなくなったら、ステップアップとして候補になりそうな感じ。

コンパクトステレオシステム SC-RS75

Spotify、AllPlay、USBメモリ、DLNA、ハイレゾ音源、サウンドジャンプLink、Bluetoothに対応。

 続きを読む

ぬいぐるみを喋らせるボタン型スピーカー「Pechat」、スマホで遠隔操作

Pechat nuigurumi 04

ボタン型のBluetoothスピーカーを既存のぬいぐるみに取り付けることで、“おしゃべり”するぬいぐるみに変えてしまうというプロダクト「Pechat(ペチャット)」が、monom / HACKistによって発表されました。

操作はスマートフォンのアプリから行えます。
自分の声でそのまま喋る「声でおしゃべり」、入力した文字を読み上げる「文字でおしゃべり」、録音した内容を再生できる「選んでおしゃべり」、子供の声に反応して応答する「自動でおしゃべり」機能が使えます。

上手く設定すれば、幼児からはぬいぐるみが喋っているように思える?かも。

 続きを読む

ポータブルBluetoothスピーカー「Omaker M4」、iPhoneやMacのスピーカーとして

OmakerM4 BTSPKR 04

サイバーマンデーセールで購入した「Omaker M4」が届きました。
IPX4等級の防水機能があるコンパクトなBluetoothスピーカーです。

手触りの良い形状と素材の外装、159gの軽量ボディ、スピーカーはモノラルで出力は3.0W、内蔵バッテリーは1500mAhあり、3時間の充電で12時間の使用が可能です。メーカー名はおまかー?おめかー?全然聞いたことの無いメーカーだけど、見た目はなんか良くあるタフネス系のガジェットっぽい。

 続きを読む