Googleが世界30ヶ国のスマホユーザーの調査結果サイトを公開

ourmobileolanet1.png

Googleが、世界30ヶ国のスマートフォンユーザーに対して行った調査結果をグラフにして抽出できるサイト「Our Mobile Planet」を公開しました。

この調査は、IPSOS, モバイルマーケティング協会(MMA)と協力して、2011 年3月~7月の期間行われたもので、日本では2000サンプルが収集されたそうです。

このサイトではその調査結果を基に、普及率, 利用状況, 使用用途, コマース, 広告への反応といったカテゴリ別のデータから、国やユーザーの年齢層などを指定してのグラフ作成を行うことができます。(作成したグラフは、png, csv, xls形式でダウンロード可能。)

多機能すぎるガラケーの弊害?日本のスマートフォン普及率はたったの6%

試しに、適当な国をチョイスしてスマートフォンの普及率をグラフにしみたところ、日本のスマートフォン普及率は最も低く、たったの6%というガラパゴスな結果になりました。iPhone 4の発売後からは猫も杓子もスマホといった印象が強い日本ですが、こうやって他国と比較すると、まだまだガラパゴスケータイ(ガラケー)が多数派である事が分かります。

ourmobileolanet2.png

この結果をまだまだ伸びしろがあると見るか・・・。

若者の3割が「スマートフォンはTVより面白い」

世代別の結果では、18歳~29歳の世代は「スマートフォンはTVより面白い」と感じているユーザーが30%なのに対して、50歳以上の世代は10%のみ。これは何となく予想できる結果ですが、面白いのがTVコンテンツの豊富なアメリカで、日本の結果よりも更に多くのユーザーがそう感じている事です。

ourmobileolanet3.png

(18~29歳の結果)

ourmobileolanet4.png

(50歳以上の結果)

[ Our Mobile Planet ]

関連するエントリー