iPhoneの空き容量を確保する方法いろいろ

IOS akiyouryoukakuho 02

iPhoneを使っていると、どうしても容量が足りなくなってくる。
そんな時に、少しでも空き容量を確保する方法をまとめました。

iOSアプリのキャッシュを削除する

iOSアプリを長く使っているとキャッシュが貯まり、それが容量を圧迫していることがあります。
キャッシュを削除するには、まず、設定 > 一般 > 使用状況 から容量を食っているアプリを見つけ、上位のアプリからキャッシュを削除していきます。

ナビアプリなどのように元々アプリ自体の容量が大きいものは省いて、キャッシュで肥大化しているものを対象にクリーニングしていきましょう。

IOS akiyouryoukanri 01IOS akiyouryoukanri 02IOS akiyouryoukanri 03

クリーニングアプリを使用する

不要ファイルをクリーニングできるアプリを使用して、空き容量を確保します。
空き容量は少ししか増えませんが、いざというときには便利です。

以前、iClean改めKruptosというiOSアプリがあったのですが、いつの間にか日本のAppStoreから消えちゃったようなので、Win / Macに対応するiOSデバイスのクリーニングツールPhoneCleanを使うと良いでしょう。

iPhoneから要らないアプリやゲームを削除する

使わないアプリやゲームを手動で消していきます。
機能が重複するアプリは1つにまとめて断捨離します。
特に、ゲームはファイルサイズが大きいものが多いので効果的。

アプリの中にあるファイルを削除する

IOS akiyouryoukakuho 01

カメラアプリ内に撮影した動画ファイルが残っている場合があります、これを削除することで結構空き容量が増えることがあります。

iTunesに接続して、ファイルビューアやメディアプレイヤーなどのアプリに転送しているファイルを削除します。 

音楽・動画ファイルを整理する

iTunesに接続して、同期する音楽や動画のプレイリストを見直します。

関連する過去記事 

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited