Lightningケーブルが断線したら、補修するよりMFi認証の安物を買う方がいい

Lightningcable fix

ズタボロになってしまったLightningケーブルの写真が、redditに投稿されています。

どうやら、断線したLightningケーブルを自分で直そうとして、被膜をむいてハンダで補修したもののようですが、ハンダ部分が剥き出しなので感電しそうです。

Lightningケーブルを抜き差しするときは、コネクタの付け根のプラ部分を持つようにしてケーブルにテンションをかけないようにしないと、すぐに断線すると言われていますが、それはどんなコネクタでも同じこと。きをつけませんといけませんことよ。

補修案としては、以下の写真のように“熱収縮チューブ”などで覆って絶縁することで、とりあえずは使えるようにはなりますが、結局の所、こうなってしまったらわざわざ補修を行うよりもMFi認定の安いLightningケーブルを買った方が良い、というのが結論だったりして。

Lightningcable fix 2

指が長いなこの人は。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited