バッテリー交換費用を3,200円にしたことで、約16万台のiPhoneの買い控えが起こる

IPhone battery 3200yen

Appleが、旧型iPhoneのパフォーマンスを意図的に落としていた問題を受けて、iPhoneのバッテリー交換費用を79ドルから29ドル(日本では8,800円から3,200円)に値下げしましたが、この影響で、2018年のiPhoneの売上は4%減少するだろうとバークレイズのアナリストが予測しています。

iPhone 6s以降の全機種でバッテリーの交換費用が値下げされたことで、iPhoneの買い控えが起こるからだといいます。

通常、バッテリーの無償交換プログラムでは、診断を行い異常が見つかった場合のみ対象となりますが、今回は単にバッテリー交換費用の値下げ。つまり、バッテリーに異常があろうがなかろうが交換費用は3,200円ということになり、旧機種を持っている殆どのiPhoneユーザーが殺到すると思われます。

バッテリーの値下げは12月まで実施されます。アナリストの見積もりによると、バッテリー交換を済ませたiPhoneユーザーの3割が今年は新しいiPhoneを購入しないとすると、約16万台のiPhoneが売れ残ることになり、売上は4%ダウンするとのこと。

バークレイズのアナリストが言っている点で、株価操作が目的なんじゃないのという気もしますが、理屈は通っています。実際に、バッテリーを3,200円で交換するだけで従来のサクサク動作に戻るなら、新しいiPhoneを買わなくてもいいやと考えるのは普通。

その辺は、Appleもわかっているでしょうから、バッテリー交換後はiOSのアップデートは控えたほうがいいでしょう。今回の一件で、これまでは噂レベルだった“計画的陳腐化”が実際に行われていたことが明らかになったわけですから、一度あることは二度ある・・・かもしれません。

どちらにしても、旧機種でのiOSアップデートには少し慎重になったほうが良さそうです。 

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited