Warning: readfile(https://ipod.item-get.com/side_saisinkiji.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/ipl2020/item-get.com/public_html/ipod/2017/12/line_pay_4.php on line 176

Warning: readfile(https://ipod.item-get.com/side_ad_rand-1.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/ipl2020/item-get.com/public_html/ipod/2017/12/line_pay_4.php on line 177

LINE Payがジャパンネット銀行からのチャージに対応、ペイジーとかよりめちゃ楽!

LINEPay JNBCharge 07

本日12月20日(水)より、LINE Payが「ジャパンネット銀行」でチャージできるようになりました!

ジャパンネット銀行の口座で自動振替の設定を済ませれば、いつでもどこでも、すぐにLINE Payの残高をジャパンネット銀行からチャージできるようになります。ペイジーやコンビニATMからの入金に比べるとかなり楽でシームレスなので、ジャパンネット銀行の口座を持っていてLINE Payを多用する方は、設定しておいて損はありません。

ジャパンネット銀行には「JNB VISAデビット」というサービスがあるので、LINE Payとはいわゆるライバル関係にあります。なので、今回の提携にはちょっと驚いた方も多いのでは?

LINE Payにジャパンネット銀行でチャージする

LINEを立ち上げて、LINE Payの画面からチャージ > 銀行口座を開きます。

銀行の選択項目に新しく「ジャパンネット銀行」が加わっているので、それを選択します。

LINEPay JNBCharge 01

口座自動振替契約申し込み画面が開きます。

口座情報を入力後、ログインパスワードを入力してジャパンネット銀行にログインします。

LINEPay JNBCharge 06

ワンタイムパスワードを入力します。

LINEPay JNBCharge 02

最後に、ログアウトボタンをタップします。

LINEPay JNBCharge 08

これで口座が登録されました。

同時に本人確認も行われて、1ヶ月の利用限度額が10万円以上に緩和されます。

ちなみに「ゆうちょ銀行」だと本人確認でエラーが出ていたのですが、「ジャパンネット銀行」だとうまくいきました。「ゆうちょ銀行」で本人確認エラーが出るという人は「ジャパンネット銀行」で試してみて下さい。

LINEPay JNBCharge 04

残高チャージするには、チャージから銀行口座を選びます。

LINEPay JNBCharge 05

「ジャパンネット銀行」を選んでチャージしたい額を入力。

チャージの時はTouch IDの指紋認証だけでOKです。
ワンタイムパスワードを入力する必要はありません。 

LINEPay JNBCharge 03

ジャパンネット銀行でチャージすると200円キャンペーン(1/31まで)

ジャパンネット銀行からLINE Payにチャージすると、もれなく200円分のLINE Pay残高がもらえるというキャンペーンが実施されています。

  • 対象者:ジャパンネット銀行からLINE Payに合計1,000円以上チャージした人
  • キャンペーン期間:1月31日まで
  • 付与される時期:2月末
  • エントリーは不要 

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited