GoProがドローン市場からスピード撤退、「Karma」は在庫限りで終了

GoPro Karma Drone isdead

アクションカメラ市場を開拓したGoProですが、最近迷走気味。

そんなGoProが、ドローン市場から撤退することをいきなり発表しました。

1年ちょっと前に発売されたばかりのGoProのドローン「Karma」ですが、1代限りで終了となります。これは、2018年の目標として発表されたものです。

GoProは、2017年よりも8000万ドルの経費削減を目指すとしていて、このドローン市場からの撤退は、昨年実施された約270人のリストラに次いで、大きな経費削減策の1つになります。

「Karma」自体は、2017年のドローン市場で2位のポジションに位置していて、人気はそこそこあったようです。

ただ、ドローン市場は競争率がズバ抜けて高く、コストもかなりかかります。それに加えて、各国で規制が強化されていて締め付けもあるということで、今後の市場拡大は難しいと判断したようです。

(参入する前にそのくらい分かれよ)

というわけで、GoProのドローン「Karma」は、在庫限りとなり、売り切ったら完全にドローン市場から撤退することになります。ユーザーサポートについては継続されるとのことですが、パーツ類も在庫限りとなるでしょうから、さっさと売却してDJIのドローンに買い替えたほうがいいでしょうね。

しかし、GoProも本格的にヤバいですね。
この先どうなってしまうのか? 

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited