iOS 11.3ベータ版の解析でFace ID対応のiPad Proに関係する文字列が発見される

IPad modern code

iOS 11.3ベータ版の解析で、iPadのFace IDに関する文字列が発見されました。

発見されたのは「iPad Modern」という文字列。
これまでiOSベータ版のコード解析で様々な新機能を予想し、リークしてきたGuilherme Ramboによると、この「iPad Modern」という文字列は、Face IDに対応する「iPad Pro」の存在を裏付けるものとなるかもしれないといいます。

昨年、11月にBoombergのニュースでは、2018年の初頭にFace IDに対応した「iPad Pro」が登場するというものがありました。

2018年の初頭に登場するこの「iPad Pro」にはホームボタンが無く、代わりにTrue Depthカメラが搭載されてFace IDに対応。これまでホームボタン(Touch ID)があった下部のスペースは画面となり、いわゆるベゼルレスに近いデザインになるというものでした。

CURVEDLabs bezelressdesign 04

実際、「iPad Pro」がFace IDに対応すると、かなり便利になるでしょうね。

「iPhone X」よりもスペースに余裕があるのでM字にもならずに済みそうですし、特にネガな要素は見当たらないので、Face ID対応の「iPad Pro」は、今年の注目モデルとなりそうです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー