すごく簡単、手放すiPhoneやiPadを初期化する作業

古くなったiPhoneやiPadを手放すときは、必ず初期化を行います。
データのシュレッダーまではやらなくていいかな?

初期化の流れは、iCloudからサインアウトして、iPhoneを探すを無効に。デバイス内にあるすべてのデータを消去して完了です。初期化だけならiPhoneやiPad単体で行えます。

IOS shokika 05

念の為、iTunesに接続してバックアップを作成しておきます。

設定の一番上にあるiCloudの設定に進みます。

一番下にあるサインアウトをタップ。
Apple IDのパスワードを入力します。 

IOS shokika 01

これで、iPhoneを探すが無効化されます。

IOS shokika 02

データのコピーを残さずにサインアウト
これでiCloudとの連携が解除されました。 

あとは、デバイス内に保存されているファイルを削除するだけです。

デバイス内のファイルを全消去するには、設定 > 一般 から一番下にある「リセット」をタップ。

IOS shokika 04

すべてのコンテンツと設定を消去をタップします。

iPhoneを消去をタップして、パスコードを入力するとデータが全消去され、工場出荷状態になります。

IOS shokika 03

各キャリアのネットワーク利用制限の確認は、以下のページから行えます。

iPhoneのこんにちは画面の右下にある(i)アイコンをタップするとIMEIを確認できるので、その番号を入力すると、そのiPhoneが利用制限されているかどうかが表示されます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー