Oculus Goを手放す時にやること、紐付けの解除と初期化はかんたん

OculusGo delete 01

発売当初に購入したものの、ほとんど使わないまま放置していたVRヘッドセットの「Oculus Go」を手放すことにしました。

VRゲームやアプリも提供されていますけど、ほとんどの人はVR動画を見てるだけでしょこれ。っていう製品でしたね。

さて、手放すにあたってやったことは以下の通りです。

  • 初期化を行う
  • アカウントの紐付けを削除する
  • 本体の清掃

「Oculus Go」は、セットアップの時にOculusアカウントに紐付けを行っているので、そちらを削除する必要がありますが、紐付けの解除=初期化も兼ねているのでかなり楽でした。

Oculusのホームページにログイン。
マイプロフィールを開きます。

OculusGo delete 05

メニューからデバイスを選択して開きます。

OculusGo delete 06

デバイスに「Oculus Go」があるので、デバイスデータを削除を選択します。
これを行うことで、本体にあるデータが全削除され初期化され、Oculusアカウントの紐付けも解除されます。

OculusGo delete 02

OculusGo delete 03

メールで届く確認コードを入力すると、「Oculus Go」の初期化が開始。

「Oculus Go」のメニューからあれこれする必要はありません。

あとは本体の清掃とパッドのクリーニングですね。
顔に密着するパッドはかんたんに取り外せて、新品交換もできます。消耗品ですね。ヘルメットのインナーパッドみたいな扱いです。

とりあえずパッドは取り外して、洗剤とぬるま湯で1時間くらい漬け込んでから洗って干しました。その他の部分はウェットティッシュで清掃。これだけでかなりきれいになります。

【大容量】トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 詰め替え 超特大1300g

 【大容量】トップ スーパーナノックス

VRヘッドセット自体、まだまだこれからといった製品。

特に手頃な価格である「Oculus Go」の映像は、まるで720pのテレビを間近で見ているような感じで、現実世界と間違えて壁にぶつかる!!みたいなことは一切ありませんでしたが、もっと解像度が上がってRetinaディスプレイくらいになったら(なるのか?)そういうこともあるのかな?

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited