VRヘッドセット「Oculus Go」に動画を転送する(USBケーブル編)

OculusGo Setup 01

スタンドアロンVRヘッドセットの「Oculus Go」。
そのままmicroUSBケーブルでPCと接続すれば、ストレージとして反応します。 

「Oculus Go」側の画面で接続許可を出すと、ドライブの一覧に「VR-Headset」として表示されます。

ここにファイルをコピーすれば「Oculus Go」に転送できます。

32GBモデルの場合、自由に使えるストレージは23.1GB。
そんなに余裕はないけど、VR動画を見るくらいなら十分でしょう。 

いらないアプリや動画はこまめに消す方向で。

OculusGo Setup 02

ストレージ内部はこんな感じに、最初からフォルダが作成されています。
動画だったらMovies、音楽だったらMusic、画像だったらPictuesにファイルを入れておけば、消す時に分かりやすくていいかも。 

OculusGo Setup 03

MacではAndroid File Transferを使う

「Oculus Go」はAndroidになるので、Macの場合は「Android File Transfer」というアプリを使ってマウントします。

「Android File Transfer」を起動した状態で「Oculus Go」をUSB接続。
「Oculus Go」の中を覗き込むとアクセス許可の表示がでている(出ていない場合はホーム画面に戻る)ので、許可すると自動的にマウントされます。
 

VR Headset2018 05 0722

こんな感じ。

転送した動画は、メディアの内部ストレージからアクセスできます。
または、Oculus Videoのマイビデオからも。

Oculusvrshell 20180507 225113

関連するエントリー