Apple、MacBookとMacBook Proのキーボード無償修理プログラムを開始

Macbook keyboard repairprogram

Appleが、「MacBook」と「MacBook Pro」を対象としたキーボードの無償修理プログラムを開始しています。

無償修理の対象になる症状

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない(粘着性のある反応)または、キーを押した時の反応が一定しない

修理対象モデル

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)

対象モデルの中で上記の症状が発生した場合にのみ、キーボードを無償修理してもらえます。
症状によってキーボード1つ交換する場合もあれば、全交換の場合もあり、修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なります。

メインで使っている場合はちょっと面倒ですね。

なお、すでに修理済みの場合は、返金で対応してもらえます。
この無償修理プログラムは、それぞれの対象モデルの最初の小売販売日から4 年間適用されます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー