MacBook Airも追加、反射防止コーティング剥がれの無償修理対象モデル

MacBook Coatingissue

MacBookやMacBook Proのディスプレイの反射防止コーティングが剥がれてくる問題について、Appleはで無償修理プログラムの対象(専用ページは設けられていない)としていますが、新しくMacBook Airもその対象に加わったようです。

MacRumorsが入手したというApple従業員向けの内部文書には「MacBook, MacBook Air, MacBook Proの一部のRetinaディスプレイは、反射防止コーティングに問題がある。」と記されていて、MacBook Airも問題のあるモデルとして認識されたことが伺えます。

MacBook AirにRetinaディスプレイが搭載されたのは、2018年モデルから。

この無償修理プログラムでは、購入日から4年以内のモデルを無償修理の対象としているので、2018年モデルのMacBook Airは2022年頃までは無償修理の対象ということになります。

2019年12月の時点で、画面のコーティング剥がれによる無償修理プログラムの対象モデルは、以下の通りです。

  • 2015 13インチMacBook Pro
  • 2015 15インチMacBook Pro
  • 2016 13インチMacBook Pro
  • 2016 15インチMacBook Pro
  • 2017 13インチMacBook Pro
  • 2017 15インチMacBook Pro
  • 2015 12インチMacBook
  • 2016 12インチMacBook
  • 2017 12インチMacBook

反射防止コーティングが施されているMacのRetinaディスプレイを清掃するには、コーティングを剥がす恐れのあるアルコールやクリーニング剤は使わずに、水で軽く拭き取るのが良いとされています。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited