新型iPad Pro、1TBモデルのみ6GB RAMを搭載、ベンチスコアはMacBook Proと同等

Newipadpro specs

Photoshopで200層のレイヤーを扱えることがデモンストレーションされた新型iPad Pro。

早くもベンチマークテスト結果がアップされ、具体的なスペックが明らかになりました。

ベンチマークテストが行われたのは12.9インチ 1TBモデルで、A12Xチップは8コア、RAMは6GBとなっています。通常、iPad Proは4GB RAMが搭載されていますが、1TBモデルのみ6GB RAMを搭載しているようです。

そんな6GB RAMを搭載したモデルのベンチマークスコアは、シングルコアで5020、マルチコアで18217というスコアを叩き出しています。

比較用のベンチマークスコア

  • iPhone XR:4795 / 11154
  • iPhone XS:4795 / 11227
  • iPhone 8:4222 / 10125
  • iPad Pro 10.5インチ:3913 / 9327
  • Mac Pro (Late 2013):3811 / 17976
  • MacBook Pro (Mid 2018):5136 / 17601

現行のiOSデバイスでダントツトップ。
マルチコアならMacにも並びます。

1TBモデルは11インチで172,800円 (税別)、12.9インチで194,800 (税別)もしますから、価格もMac並なんですけどね。

この他、処理能力・グラフィック能力の高さを証明するための面白い比較対象として、据え置きゲーム機が挙げられています。

新型iPad Proをゲーム機としてみた場合、MicrosoftのXbox One Sと同等のグラフィックのゲームを動かすことができるといわれています。

Xbox One XじゃなくてOne Sというあたりがちょっと微妙というか、へえ・・・って感じがするのでこの比較はあんまり意味がないかも。

デザインに対するツッコミとしては、ベゼルレス(というか薄型ベゼル)になったことで、画面の四隅のラウンドコーナーと本体のラウンドコーナーの角度が同じではないので妙な違和感を感じる方もいるようです。言われてみれば気づくレベルの違和感ですが、確かにiPhone XSやiPhone XRは角度が同じで一体感があるのに対して、iPad Proはちょっと違いますね。

本体のラウンドコーナーを画面の角度と同じにしてしまうと角ばりすぎるので、どうしてもこうなってしまうんでしょうけど。薄型ベゼル化による弊害といえばそのくらいでしょうか。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー