GoPro HERO 7 Blackのマイクアダプター、3.5mm端子が緩すぎませんか?

GoProHERO micadapter 01

GoPro HERO 7 Blackで、外部電源としてモバイルバッテリーで充電しながら外部マイクを使うには純正アクセサリーの「マイクアダプター」が必要です。

HERO 7 BlackにはUSB-Cポートがあります。
マイクアダプターはここに接続するわけですが、USB-Cならサードパーティ製の3.5mmイヤホンジャックとUSB-Cポートのハブでいけるんじゃないか?という疑問がありますが、答えは“無理”ということでした。

どうやら、純正のマイクアダプター以外は弾く仕様となっているようです。

なんでわざわざ?と思ったら、マイクアダプターの価格を見て納得しました。

標準価格6,000円!!

USB-Cポートと3.5mmイヤホンジャックのハブが・・・
まさかの6,000円!!

しかも無駄にでかいし。

マイクアダプターに6,000円の価値は無かった

高いんだから、そりゃもうかなり良い物なんでしょう。
と、使ってみたら残念な品質でした。

まじかこれ・・・。

GoProHERO micadapter 02

何が残念なのか申しましょう!

単純に3.5mmイヤホンジャックが緩いんです。

今まで、イヤホンジャックが搭載されている様々な製品やケーブルを使ってきましたが、ここまで緩い製品は初めて。

GoProHERO micadapter 03

ケーブルを引っ張るだけでスポン!と抜けてしまうくらい緩い。

もしかしたらこのケーブルが悪いのか?
と、家にある3.5mmイヤホン端子を片っ端から試してみましたが、やっぱり緩い。

販売元のタジマモーターコーポレーションに送って新品交換してもらうことも検討しましたが、検査するのに1〜2週間もかかるということで、それまでHERO 7 Blackが使えないのもキツイので、自分で何とかすることにしました。

GoProHERO micadapter 04

困ったときの輪ゴム術。
これで撮影中に抜けることは無いでしょう。

見た目は悪いけど、結局この方法が一番。

 GoPro マイクアダプター タジマストア

Gopro mic

外部マイクを使う時は、設定で「標準マイク」にします。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー