ありそうで無かった、GoPro HERO 7のマイクアダプターを収納できるケース

GoPro AdapterCase 04

純正のマイクアダプターを使っているGoProユーザーにちょっとおすすめできるかも?なケースを発見したので試しに購入してみました。

Ulanziというメーカーの製品で、GoPro HERO 5 / HERO 6 / HERO 7に対応。
下にマイクアダプターの収納スペース、上にマイクホルダーがあるGoProケースです。

これまで、マイクアダプターの取り付けには色々試行錯誤してきました。

マウンター部分にベルクロテープで取り付けるのが一番安定していたので、その方法で使ってきましたが、このケースを使えばマイクアダプターはケース内部に収納することができるので、少しはまとまりが良くなりそうです。

これまでのマイクアダプター取り回し

マイクケーブルは輪ゴムでまとめて、それをマイクアダプターにまたまた輪ゴムで取り付け。マイクアダプターはベルクロテープでマウンターに取り付けするという方法でした。

GoPro AdapterCase 09

ベルクロテープで留めているだけなので、衝撃などで少しズレることもあり。

GoPro AdapterCase 10

見栄えもあまりよくありません。
ただ、ケーブルの取り回しに自由度があるので、GoPro本体に挿し込むUSB-Cケーブルにテンションがかからない位置に取り付けることができるメリットもあります。

UlanziのV2ケースをチェックする

箱から取り出してまず気づいたのが・・・デカイ!
というか、分厚いということ。

GoPro AdapterCase 02

ケースがマイクアダプターの収納スペースと面一になっているので、マイクアダプターの幅の分、純正ケースよりも分厚くなっています。

また、マウンター取り付け場所からの高さもアップしているので、ヘルメットマウントなど場所によっては取り付け位置の変更が必要になるかもしれません。

GoPro AdapterCase 08

ケーブルの取り回しはちょっとキツめ。
L字型アダプターが下向きでも上向きでもケーブルはパッツパツになります。

GoPro AdapterCase 13

保護ケースが分厚いので、GoPro本体とのスペースがあり。
電源ボタンがちょっと押しにくくなります。

GoPro AdapterCase 03

蓋はスライド式。
マイク取り付け用のホットシューは取り外しできます。

GoPro AdapterCase 05GoPro AdapterCase 06

GoPro本体のサイドカバーはケースを付けた状態で開閉できません。
サイドカバーは取り外してからケースに入れます。

GoPro AdapterCase 07GoPro AdapterCase 12

印象はフルアーマー状態。
見た目もかなり大きくなりますが、マイクアダプターは確かにキレイに収まります。

メリットはそれだけですが、他にこういうケースが無いので貴重。

GoPro AdapterCase 14

マイクアダプターが動くとマイクケーブルの接触が悪くなってノイズが乗ることがありましたが、このケースに変えて1度使ってみたところ、そういう現象はなく安定して動画撮影ができていました。

ゴツゴツしたフルアーマーな見た目や大きさに目をつぶって、しばらく使ってみます。

GoPro AdapterCase 15

 Ulanzi V2 Gopro保護ケース

 Audibleを聴いてAmazonポイントゲット!(5/8まで)

本の朗読を聴いて楽しむサービスAudibleのお得なキャンペーンが実施中。5月8日(水)23時59分までの期間に30日間無料体験に登録する方は、本を1日5分以上聴けば50ポイント(*プライム会員なら100ポイント)。10日以上聴いたら最大500ポイント(*プライム会員なら最大1,000ポイント)獲得のチャンス!

関連するエントリー