新しいAirPodsはiPhone 4と同じ処理能力(しかも片耳だけで)

AirPodsH1 iPhone4 A4

2019年モデルの新しいAirPodsにはApple H1チップが搭載されていますが、このチップの処理能力は、「iPhone 4」に搭載されていたApple A4チップと同等の性能があるようです。

しかも片方だけで。

つまり、新しいAirPodsは両耳にiPhone 4をぶら下げているのと同じということ?

技術の進歩でチップはシュリンクされて小さくなり、その結果、あの小さなAirPodsに搭載されるまでになったということですね。「iPhone 4」は2010年6月24日に発売されたモデルなので、ほぼ9年前。9年も経てばシュリンクがここまで進んでもおかしくはないか〜。

そんなこんなで「iPhone 4」と同等の処理能力を得たことで、新しいAirPodsはマルチタスクに対応。“Hey Siri”で音声操作にも対応しましたし、その他にも、ペアリングしているデバイスの切り替えスピードが2倍になったり、ゲームプレイ時の音声のラグが30%減少し、複数の加速度センサーを制御するなど、処理能力の向上による恩恵はかなりのもの。

外見上は初代と変わりありませんが、中身はかなり変わっているんですね。

AirPodsの内部パーツ

  • Apple H1
  • Cypress SoC
  • Maxim audio codec
  • Bosch BMA280 accelerometer
  • STM 3 axis accelerometer
  • STM regulator
  • TI data converter
  • Goertek MEMs microphones

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー