2019年モデルのMacBook Proで改良されたキーボードの素材

MacBookPro2019 Keyboard 03

2019年モデルのMacBook Proでは、耐久性に問題のあるバタフライ構造のキーボードに変更が加えられたと言われています。

具体的にどう変わったのでしょうか?
iFixitの15インチMacBook Proの分解レポートで確認することができます。

バタフライ構造のキーボードは2016年モデルより搭載されましたが、隙間からホコリが侵入することでキータッチに不具合が発生するとして、2018年モデルでは改善策としてホコリの侵入を防止するシリコンカバーが取り付けられました。

しかし、それでも問題の解決には至らず、キーボードの無償修理プログラムの対象機種となっています。

そして、2019年モデルのMacBook Proでは、さらに改良が加えられました。
シリコンカバーはそのままで、ドーム部分の素材が変更されています。

MacBookPro2019 Keyboard 02MacBookPro2019 Keyboard 05

また、メタルスイッチの表面仕上げも変更されています。
メタルスイッチはキーボードの耐久性に直接影響するパーツなので、この変更によって耐久性の向上が見込めそうです。

MacBookPro2019 Keyboard 01

このように、キーボードに改良が加えられた2019年モデルのMacBook Proですが、この機種についてもキーボード無償修理プログラムの対象となっています。発売開始から4年間は保証対象となります。

これを安心して使うことができると見るか、根本的な解決はされていないと見るか。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー