MacBookのキーボードがシザー構造に回帰、2019年モデルMacBook Airから

MacBookPro ScissorKeyboard

新しく「バタフライ構造」のキーボードを搭載することで、思わぬ不具合を抱えることになったMacBookファミリー。2015年の初搭載から数世代を経て、改良が加えられた今もなお不具合が発生するとして、無償修理プログラムの対象となっています。

既存のユーザーはもちろん、これから購入を検討しているユーザーにとっても少し悩ましい問題ですが、今後登場する新型モデルでは、それが解消されることになりそうです。

Appleは、この「バタフライ構造」を捨てて、再び「シザー構造」のキーボードをMacBookファミリーに搭載するようだと、アナリストのMing-Chi Kuo氏がレポートで発表しています。

シザー構造のキーボードは、バタフライ構造のキーボードになるまでMacBookファミリーに搭載されていました。

新しく搭載されるシザー構造のキーボードには、グラスファイバー素材が使用され耐久性の向上が図られていて、通常のシザー構造のキーボードよりも高コストになりますが、それでもバタフライ構造のキーボードよりはコストがかからないだろうと見積もられています。

この新しいシザー構造のキーボードが搭載されるのは、まず2019年モデルのMacBook Airから。

MacBook Proはすでに2019年モデルが登場しているので、MacBook Proに初搭載されるのは2020年モデルからということになります。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー