2020年モデルのiPhone、120Hzのリフレッシュレート対応ぬるぬるディスプレイを搭載?

IPhone2020 120Hz Refreshrate 02

来年、2020年に登場するiPhoneについての新情報。

2020年モデルのiPhone向けに有機ELディスプレイを供給するサプライチェーンのSamsungとLGからの情報として、60Hzと120Hzのリフレッシュレートに対応する為の協議をおこなっているということです。

現行モデルでは、120Hzのリフレッシュレートに対応しているのはiPad Proのみ。

iPad Proに搭載されているLiquid Retinaディスプレイには、ProMotionテクノロジーというリフレッシュレートを自動的に調整する機能があり、最大120Hzのリフレッシュレートでヌルヌルスクロールするのが一つの売りとなっています。

120HzのリフレッシュレートはハイエンドモデルのiPad Proのみの機能ということで、エントリーモデルのiPad AirやiPadには搭載されていません。2020年に登場するiPhoneは複数機種あるようですが、おそらくはハイエンドモデルの2機種もしくは1機種のみがProMotionテクノロジー搭載ということになあるのでしょうか?

それとも全機種に搭載されることになるのでしょうか?

IPhone2020 120Hz Refreshrate 01

今回の120Hzリフレッシュレート対応に加えて、2020年モデルのiPhoneにはいろいろと新要素が多くてかなり注目ですね。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー