4機種登場する2020年のiPhone、有機ELと5G搭載モデル3機種に低価格モデル1機種

2020 iPhone8

2020年モデルのiPhoneは4機種あるというレポートが、JPモルガンのアナリストによって発表されています。

4機種のうち3機種は、有機ELディスプレイを搭載して次世代高速通信5Gに対応するモデル。さらにその内、2機種は3D ToFカメラを搭載しているハイエンドモデルになるといいます。

では、残る1機種はどういうものになるのか?
どうやら低価格モデルになりそうだと予想されています。

低価格モデルはiPhone 8と同じサイズで、有機ELディスプレイや5Gモデムを搭載していない機種。

以前、iPhone 8のSoCをアップグレードしたモデルが登場するという噂が出ていましたが、それがこの2020年に登場する低価格モデルなのかもしれません。

2020年に登場するiPhone

  • 5.4インチ ハイエンドモデル:有機ELディスプレイ、5Gモデム、3D ToFカメラ
  • 6.7インチ ハイエンドモデル:有機ELディスプレイ、5Gモデム、3D ToFカメラ
  • 6.1インチ エントリーモデル:有機ELディスプレイ、5Gモデム
  • iPhone 8ベース?の低価格モデル:液晶ディスプレイ、4Gモデム

別のアナリストのレポートでは、5.4インチと6.7インチのハイエンドモデル2機種のみが5G対応といわれていましたが、今回のレポートでは、6.1インチのエントリーモデルも5G対応とされています。

これらのモデルを現行機種に置き換えると、5.4インチはiPhone XS、6.7インチはiPhone XS Max、6.1インチはiPhone XR。価格帯も似たようなものになりそうです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー