2020年モデル、iPhone 12 Proは小さく、iPhone 12 Pro Maxは大きく変化

2020iPhone12 rendercg 03

2020年の秋に登場する「iPhone 12」。
これまで出ている情報から、レンダリングCGモックアップが新たに作成されています。

こちらのCGモックアップは、ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」。

それぞれ5.4インチと6.7インチになると言われています。

デザインや大きさの違いを見ていきましょう。

最大の特長は、ノッチが無くなったディスプレイ。
True Depthカメラを上のベゼルの部分に収納するということですが、果たして実現できるのか。

それはひとまず置いておいて、5.4インチの6.7インチ。
大きさにかなりの差があります。

2020iPhone12 rendercg 01

「iPhone 11 Pro」は5.8インチ、「iPhone 11 Pro Max」は6.5インチ。

それぞれ5.8インチ→5.4インチ、6.5インチ→6.7インチに画面サイズが変わっています。ベゼルの幅はほぼ変わらないので、本体自体も大きさが変化。

「iPhone 12 Pro」が小さく、「iPhone 12 Pro Max」が大きくなることになります。

2020iPhone12 rendercg 02

ちなみに、エントリーモデルの「iPhone 12」は6.1インチということなので、大きさや価格・性能のバランスがちょうど良さげ。この分だと、2020年モデルもエントリーモデルに人気が集中するんじゃないでしょうか。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited