2020年モデルのiPhone 12は「iPhone 4」を思わせるデザインに

2020iPhone iPhone4design 03

様々な新機能が追加されると噂される2020年モデルのiPhoneについては、本体デザインにも手が加えられるようです。

アナリストのMing-Chi Kuo氏がMacRumorsに伝えた予測によると、2020年モデルのiPhoneは、フレーム部分のデザインがかつての「iPhone 4」を連想させるものになるといいます。

iPhone 6以降の湾曲したデザインから、エッジの効いたデザインへの変更。

・・・というと、新型「iPad Pro」がありますね。
ただ、2020年モデルのiPhoneの場合は、背面がガラス素材になっているので、より「iPhone 4」らしさがあるようです。

「iPhone 4」の本体デザインは、「iPhone 4」〜「iPhone 4s」まで。
今となっては、案外短命だったんだなという印象です。

背面ガラスは美しかったのですが、落として割れたという報告も多かったように記憶しています。

2020iPhone iPhone4design 01
その後、似たようなルックスながら、背面がアルミニウム素材になった「iPhone 5」が登場。こちらのデザインは、「iPhone 5s」を経て「iPhone SE」というロングセラーモデルに継承されています。

その後、サイドが丸みを帯びた手に馴染む形状の「iPhone 6」が登場。
こちらも息が長く、スマートフォンの基本形として、現在の「iPhone 11」まで続いています。

長年に渡り使い慣れた形ではあるものの、少しマンネリ感もあるデザイン。
2020年モデルはデザインも一新されることになりそうです。

2020年モデルのiPhone 12の噂

  • 3機種全てが有機ELディスプレイを搭載。
  • ハイエンドモデルは、5.4インチと6.7インチ。
  • エントリーモデルは、6.1インチ。
  • 5nmプロセスのSoCが搭載される。
  • 3機種全てが5Gをサポート。
  • Qualcommの5Gモデムが搭載される。
  • ハイエンドモデルには3Dカメラが搭載される。
  • 画面内Touch IDが搭載される。
  • 双方向ワイヤレス充電が搭載される。
  • USB-Cポートが搭載される。

これらの噂が全て実現されるのなら結構凄いんですけど、価格も凄いことになりそう。あとやっぱり、いくつかは見送りになったりするんでしょうね。

2019年モデルの「iPhone 11」でも双方向ワイヤレス充電やApple Pencilのサポートなどが噂されていましたが、実際にはありませんでしたし。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited