To-Doアプリ「Wunderlist」のサービス終了を阻止すべく、創立者がMSから買い戻し検討

Wunderlist joins microsoft

Microsoftに買収されたTo-Doリストアプリの「Wunderlist」を、Wunderlistの設立者が再び買い戻すことを検討していると自身のTwitterで表明しました。

MicrosoftがWunderlistを買収したのは2015年のこと。
買収額は1億〜2億ドルと噂されています。

買い戻すってことは・・・つまり、その額もしくはそれを上回る額をMicrosoftに支払うということですが・・・

お金あるん?
お金無いからMicrosoftに売ったんじゃないのかな?

WunderlistがMicerosoftに買収された当時は、このままサービスが運営されていくものと思われていましたが、2017年にはMicrosoft製のTo-Doリストアプリ「Microsoft To-Do」がリリース。それを機に、元のWunderlistのサービス終了が発表されました。

Wunderlistも今の所、普通に使えていますが、サービス終了はそう遠くなさそうです。

そこで、Wunderlistのサービス終了を阻止しようと、創立者がTwitterを通じてMicrosoftにWunderlistの買い戻しを提案しているという展開になっています。

Microsoft To Do

この辺の運営の事情は、はっきり言ってエンドユーザーには一切関係のない話なので、勝手にやっててください!という感じですけど。

さて、どうなるでしょうか?

みなさんは「Wunderlist」と「Microsoft To-Do」、どちらを使用していますか?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー