iOS 13.2、iPhone 11のカメラ性能をアップする「Deep Fusion」AIで補正して鮮明な写真に

Ios132 deepfusion 02

今後リリース予定の「iOS 13.2」では、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種の写真撮影の品質を向上させる新機能が実装され、より鮮明な写真が撮影可能になります。

開発者や登録者向けに提供が開始された「iOS 13.2 ベータ」では、「Deep Fusion(ディープフュージョン)」という新機能が実装されています。

この「ディープフュージョン」は、写真撮影の際に露出の異なるフレームをキャプチャして、AIとソフトウェアで合成処理を行うことで、鮮明な画像を生成するという機能です。

「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」では、明るい場所では「スマートHDR」が写真の品質を補正、暗い場所では「ナイトモード」が写真の品質を補正してくれます。この「ディープフュージョン」はその中間の明るさ、例えば、室内などで使うことができます。

撮影した写真をそのままではなくAIで補正するという技術は、Huaweiの「P20 Pro」あたりで注目されましたが、とうとうiPhoneにも、その手のAI写真補正技術が本格的に備わることになります。

Ben GeskinのTwitterでは、「iOS 13.1.2」と「iOS 13.2ベータ1」で写真の撮り比べを行っていて、画質の差を見ることができます。

Ios132 deepfusion 03

遠目で見るとそこまで違いはわかりませんが、「iOS 13.2」の方が毛糸の細かい繊維までクッキリしています。

Ios132 deepfusion 01

アップにするとこんな感じ。
「iOS 13.2」の方が、鮮明で立体感のある写真となっています。

このように写真撮影は非常にいい感じになる「iOS 13.2」ですが、余計なバグが増えていないかちょっと心配な面もあり。ベータ1はとりあえずスルーした方が良いかも。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー