外部マイク要らず、iPhone 11の内蔵マイクでステレオ音声の動画撮影

IPhone11 StereoVideoRecording 01

iPhone 11では、内蔵マイクだけでステレオ音声の動画を撮影することができます。

iPhone 11の内蔵マイクは、背面マイク、前面マイク、下マイクの3箇所に搭載されていて、それらのマイクで音を拾うことでステレオ録音ができるようになっています。

そのマイクはどこにあるのか?

まず、ぱっと見で分かるのが、背面マイク。
カメラレンズの横にあります。

残りのマイクは、スピーカーと兼用の穴が利用されています。

前面マイクはノッチの部分に搭載されています。
内蔵スピーカーフォンの穴が、内蔵マイクにもなっています。

IPhone11 StereoVideoRecording 03

下マイクは、本体下にあるステレオスピーカー用の穴の1部がマイク用の穴になっています。

各マイクの音質については、どうでしょうか。
やっぱり変わるのか?

IPhone11 StereoVideoRecording 07

気になったので、聞き比べてみました。
カメラアプリの「FiLMiC Pro」では、設定で収録マイクを指定できます。

これで、3つのマイクでそれぞれ録画して音声をチェックしてみましたが、実際にはそんなに違いはありませんでした。自分の声を拾いやすいのは前面マイクと下マイクで、周囲の音を拾いやすいのは背面マイクという特長はありますが、音質に大きな違いはありません。

設定でステレオにする

自分のiPhoneがステレオ音声で録画できるようになっているかチェックするには、設定 > カメラ から「ステレオ音声を録音」がONになっているかを確かめます。

IPhone11 StereoVideoRecording 06

で、ここで気づいた衝撃の事実。

「FiLMiC Pro」で撮影した動画がステレオになっていない!?

IPhone11 StereoVideoRecording 05

こちらは、iOS 13の標準カメラで撮影した動画の音声。
ちゃんとステレオ音声になっています。

IPhone11 StereoVideoRecording 04

一方、こちらはモノラル音声
「FiLMiC Pro」でマイクを指定した動画ですが、どのマイク設定を指定してもモノラル音声にしかなりません。

それもそのはず、「FiLMiC Pro」では3個のマイクを全て使って録画することができないので、現状はモノラル音声でしか録音できないということになります。

iOS標準カメラアプリじゃないとステレオ音声にならない

IPhone11 StereoVideoRecording 02

「FiLMiC Pro」を含めて複数のサードパーティカメラアプリで試したところ、ステレオ音声での録音はできませんでした。

というわけで、iPhone 11の内蔵マイクで動画撮影をする場合は、サードパーティのカメラアプリではなく、iOS標準のカメラアプリで行うのをおすすめします。

iPhone 11は、内蔵マイクのみでもステレオ音声で録画するとかなりいい感じに撮影できるので、YouTube用の動画撮影くらいであれば、高価な外部マイクはもう必要ないかも。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー