新型MacProは内部構造すら美しい、Macにしては拡張性も高い(SSDは交換不可だけど)

MacPro2019 nakami 01

iFixitが、2020年モデルのMac Pro(タワー型)を分解レポートしています。

分解といっても構造はかなりシンプル。
筐体はステンレススチールのフレームとアルミのカバーに分けられており、カバーを外すだけで中身にアクセスできる設計。PCIeカードやメモリの増設・交換くらいなら、誰でも簡単に行えるようになっています。

各種パーツもモジュール化されており、いかにもな配線は見当たらず、一般的なPCの中身とは大きく異なります。

最小構成で599,800円 (税別) からというお値段に見合った中身?

Mac Proの対応メモリは、2666 MHz DDR4 ECCメモリ。

12のメモリスロットがあり、最大で128GB x 12 = 1.5TBのメモリを搭載することができます。

(1.5TBに増設するには、24コアまたは28コアのCPUが必要で、メモリクロックは2933 MHzになります)

MacPro2019 nakami 02

メモリの増設はかなり簡単で、筐体のカバーを外すだけでメモリスロットにアクセスできます。

ただ、ECCメモリなので、自分で交換するとしてもそれなりの費用がかかります。相性問題のトラブルのリスクも考えると、購入時にBTOするのが安心。

MacPro2019 nakami 03

冷却ファンのダクトを取り外すと、SSDモジュールにアクセスできます。
ただ、T2セキュリティチップと紐付けられていて、ユーザーによる交換はできません。

冷却ファンは前面に吸気ファンが3つ、背面に排気ファンが1つ。

前面ファンに防塵フィルターは取り付けられていませんが、シンプルな構造なので、内部にホコリが蓄積してもエアダスターで簡単に清掃できそうではあります。

MacPro2019 nakami 04

CPUは巨大なヒートシンクで冷却。
CPUファンは付いていません。

ヒートシンクを覆うカバーにはMac Proのロゴ。

MacPro2019 nakami 06

拡張スロットは、8つのPCI Expressスロットがあります。

MacPro2019 nakami 07

こちらが電源ユニット。
最大消費電力は1,180W。

MacPro2019 nakami 05

全バラした状態がこちら。

筐体デザインの是非はともかくとして、完全モジュール化された構造はかなりスッキリとしています。

このユーザーフレンドリーな設計と拡張性の高さは、スペースにゆとりがあるMac Proならでは。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited