新型iPhone SEとiPhone 8で共通のパーツと修理費用の差

IPhonese2020 iPhone8 kyoutsuparts

2020年モデルの新型iPhone SEは、iPhone 8をベースにしている。
ということは、共通のパーツも多くあるということ。

iFixitが分解してこれをチェックしたところ、「カメラモジュール」「ディスプレイアセンブリ」「SIMカードトレイ」「Tapticエンジン」についてはiPhone 8と互換性があり、共通のパーツが使用されていることが確認されています。

バッテリーについては、容量も形状も全く同じなのですが、ロジックボードに接続するコネクタの形状が異なる為、iPhone 8用のバッテリーを流用することはできないとのことです。

新型iPhone SEに流用できるiPhone 8用のパーツ

  • カメラモジュール
  • ディスプレイアセンブリ
  • SIMカードトレイ
  • Tapticエンジン

この中で交換頻度が最も高そうなのは、ディスプレイアセンブリ(画面パーツ一式)でしょうか。

iPhoneの画面が割れたので修理するというのはよく聞く話です。

ただし、Appleのスクリーンプログラマで認証を行えない素人が画面交換を行うと、True Toneが無効化されてしまいます。また、ホームボタンの交換ができないというデメリットもあります。

新型iPhone SEの画面交換費用は、Appleにお願いしてもそこそこ安く済むので、純正パーツで修理してもらうのがベスト。バッテリー交換に関しても同様に、純正のバッテリーパックじゃない場合は警告メッセージが設定に表示されるようになります。

というわけで、旧型のiPhone SEの様に自分で色々交換するということは、新型iPhone SEではあまり現実的ではないようです。

新型iPhone SEの修理費用

  • AppleCare+で画面交換:3,400円
  • AppleCare+でバッテリー交換:0円
  • 保証対象外で画面交換:14,500円
  • 保証対象外でバッテリー交換:5,400円

では、もし新型iPhone SEで画面がバリバリに割れてしまったらどうするか?

AppleCare+ならそのまま修理。
保証対象外なら、修理せずに売っちゃうという選択肢もあります。

世の中には物好きもいるので、画面が割れていてもiPhoneならそこそこの値段で売れますから、修理に出すよりも、売っぱらって買い換える方が結果的にお得だったりします。

特に、本体価格が安い新型iPhone SEなら。

iPhone 8より安い新型iPhone SEの修理費

IPhoneshurihiyou

こちらは iPhoneの画面交換の費用。
ちょっと面白いのが、iPhone 8の画面修理費用より新型iPhone SEの方が1,900円安い!?

同じパーツを使っているのに。
謎です。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited