ミニLEDディスプレイ搭載5G対応の新型iPad Pro、2021年春に発売延期か

129ipadpro minileddelay

2020年後半に登場することが噂されていた新型の「12.9インチ iPad Pro」が、新型コロナの影響で2021年春に発売延期されたようだと台湾メディアのUDNが伝えています。

新型の「12.9インチ iPad Pro」は、iPadとして初めて5Gに対応し、高コントラスト・高輝度でありながら画面が焼き付きにくい特性を持つ「ミニLEDディスプレイ」を初めて搭載するiOSデバイスとして注目のモデル。タブレット市場をほぼ独占しているAppleのiPadシリーズですが、一番の注目モデルが発売延期になったことは、2020年度の売上に少なからず影響を与えそうです。

開発中のモデルでミニLEDディスプレイを搭載すると言われているのは、今回の「12.9インチ iPad Pro」の他にも「27インチ iMac Pro」「14.1インチ MacBook Pro」「iPad(第8世代)」「iPad mini(第6世代)」などがあります。

新型の「12.9インチ iPad Pro」については、2020年秋に登場すると言われていましたが、それが2021年の春に延期するということで、その他のモデルについても登場時期がずれ込むことになるのか?

正直、「iPad Pro」については、LiDARスキャナが搭載されたモデルがついこの間発売されたたばかりですし、半年遅れたとしてもそんなに・・・って感じもしますけどね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited