3月登場の新型iPad Proの3Dデータが明らかに、現行モデルとの違いは?

11inch iPadPro2021 01

2021年モデルの11インチiPad Proの3D CADレンダリング画像がリークされました。

3月に登場する新型のiPad Proには、ミニLEDディスプレイが初めて搭載されると言われています。今回のリークは、その新型iPad Proの外観を知るのに参考になるはずです。

リーク画像を掲載しているMySmartPriceの記事によると、基本的な本体デザインは現行のiPad Proと変わりませんが、本体サイズは 245.74 x 176.61 x 5.9 mm になっているといい、厚みは同じですが大きさは少し小さくなっているようです。

  • 現行モデル:247.6 x 178.5 x 5.9 mm
  • 新型モデル:245.74 x 176.61 x 5.9 mm

この手の3D CADデータは、保護ケースなどのアクセサリメーカーに提供されたものが流出することが多くあり、今回のレンダリングCGもそこからもたらされたものだと予想できます。

11inch iPadPro2021 02

カメラモジュールも現行と変わらず、デュアルカメラにLiDARスキャナー、LEDフラッシュライトが搭載されています。

カメラの性能は不明ですが、アップデートされると考えるとiPhone 12またはiPhone 12 Proと同じカメラが搭載されるかな?

11inch iPadPro2021 03

左から、カメラモジュール、音量ボタン、磁気コネクタ、nano SIMトレイ。

現行モデルと全く同じ配置ですね。

3月に登場するiPad Proは大きなデザインの変化は無く、内部のアップデート(ミニLEDディスプレイ、A14Xチップ)が施されたものになるということが分かります。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。