iPhone 12シリーズ4機種のスペックと価格、120HzはProのみで大容量バッテリーも搭載

IPhone2020 120Hz Refreshrate 02

9月か10月に登場するiPhone 12のスペックについて、色々と情報が出ています。

ミドルレンジモデルの「iPhone 12」と「iPhone 12 Max」は、デュアルカメラに4GB RAM、アルミニウムの本体。有機ELディスプレイのSuper RetinaはProMotionには非対応となります。

ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は、トリプルカメラ+LiDARスキャナーに6GB RAM、ステンレススチールの本体。Super Retina XDRディスプレイで、120Hzのリフレッシュレート(ProMotion)に対応します。

ストレージ容量については、全モデル128GBからという情報と、「iPhone 12」と「iPhone 12 Max」は64GBからで「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は128GBからになるという情報があります。

価格は「iPhone 12」が649ドルから、「iPhone 12 Max」が749ドルから、「iPhone 12 Pro」は999ドルからで「iPhone 12 Pro Max」は1099ドルから。

120Hzのリフレッシュレート(ProMotion)への対応と5Gの対応は、これまでのiPhoneと比べてバッテリー消費量がかなり増加することが懸念されますが、それを見越して「iPhone 12 Pro Max」では4,400mAh以上のバッテリーが搭載されるという噂もあります。

「iPhone 11 Pro Max」に搭載されているバッテリーは3,969mAhなので、かなりの増加となります。(その分重量もアップ?)

iPhone 12

  • 5.4インチ有機ELディスプレイ(BOE製)
  • 4GB RAM
  • デュアルカメラ
  • アルミニウムの本体
  • 128GB:649ドル
  • 256GB:749ドル

iPhone 12 Max

  • 6.1インチ有機ELディスプレイ(BOE製)
  • 4GB RAM
  • デュアルカメラ
  • アルミニウムの本体
  • 128GB:749ドル
  • 256GB:849ドル

iPhone 12 Pro

  • 6.1インチ有機ELディスプレイ(Samsung製)
  • ProMotion対応
  • 10bitカラー表示
  • 6GB RAM
  • トリプルカメラ + LiDARスキャナー
  • ステンレススチールの本体
  • 128GB:999ドル
  • 256GB:1099ドル
  • 512GB:1299ドル

iPhone 12 Pro Max

  • 6.7インチ有機ELディスプレイ(Samsung製)
  • ProMotion対応
  • 10bitカラー表示
  • 6GB RAM
  • トリプルカメラ + LiDARスキャナー
  • ステンレススチールの本体
  • 128GB:1099ドル
  • 256GB:1199ドル
  • 512GB:1399ドル

5.4インチの「iPhone 12」は小型軽量タイプで、かなり期待できそう。カメラ性能も「iPhone 11」と同等もしくはちょっとアップしていると考えられるので、一番人気のモデルになるんじゃないでしょうか。新型の「iPhone SE」にとっては強力なライバルとなりそう。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。