Panasonicの乾電池式モバイルバッテリー、実は旧型の方が便利?

Panasonic tan3battery 02

Panasonicから新登場した乾電池式のモバイルバッテリー「BH-BZ40K」。

単三電池4本でスマートフォンなどへのUSB充電ができるという便利アイテム。従来のモバイルバッテリーはバッテリー本体の充電が無くなったら終わりですが、こちらは単三電池さえ調達できれば、災害時でもスマートフォンなどの充電が行えます。

充電式乾電池のエネループも使えるので、モバイルバッテリーの運用がちょっと心配という方にもいいかもしれません。

単三電池4本で内蔵バッテリーが2700mAhのスマートフォンに充電する場合、50%〜70%までの充電が可能。

通常のモバイルバッテリーと比べるとちょっと物足りなさはありますね。

日常的に使うのには適していませんが、非常時には良さげな感じ。

Panasonic tan3battery 01

LEDライト機能も搭載されています。

こちらの製品は新製品ということですが、なんだか既視感があったので調べてみたら、以前から同様の製品「BQ-CC87L」が販売されていました。そちらの価格はエネループとセットで3,800円前後。単品で3,000円ちょい。

パナソニック 単3形・単4形 USB入出力急速充電器 BQ-CC87L

 パナソニック急速充電器 BQ-CC87L

こちらの「BQ-CC87L」は、新製品の「BH-BZ40K」とは違ってUSBでエネループの充電も行えるので、普段はエネループ充電器として使い、非常時にはモバイルバッテリーとして使うということができます。

こっちのタイプの方が実用性は高めですね。

エネループの充電は、単3×2本で約2.5時間で行えます。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。