出力アップ!10000mAhのモバイルバッテリーを最新モデルに買い替えた

Anker mobilebattery usbpd 02

先日のセールで購入したモバイルバッテリーが届きました。

Ankerの「523 Power Bank」という10000mAhのモバイルバッテリーで、最大20W出力のUSB-Cポートと最大22.5W出力のUSB-Aポートを搭載している製品。

数年使った10000mAhのモバイルバッテリーが買い替え時期になっていたので、オーソドックスなこちらのバッテリーに買い替えました。

製品の仕様

  • バッテリー容量:10000mAh
  • サイズ:約153 × 72 × 16 mm
  • 重さ:約 250 g
  • USB-C 入力 : 5V=3A / 9V=2A
  • USB-C 出力:5V = 3A / 9V = 2.22A
  • USB-A 出力:5V = 4.5A / 4.5V = 5A
  • 最大出力:(USB-A)22.5W、(USB-C)20W、(USB-A+USB-C)18W

10000mAhのモバイルバッテリーとしては少し大きくて重いけど、その分、出力はアップしているのでトレードオフかな。

Anker mobilebattery usbpd 03

2ポートあり、USB-Aポートは最大22.5Wで充電できるが、Huaweiのスマホでのみ対応という条件がある。

つまり、iPhoneやその他のガジェットで使う場合は、USB-AでもUSB-Cでもあんまり変わらない。

モバイルバッテリー本体の充電を行う際は、18W以上の充電器を使うことでUSB PD充電ができるので、5時間ほどフル充電ができるようになっている。

Anker mobilebattery usbpd 05

ケーブルは2本付属。
USB-CケーブルとUSB-A to USB-Cケーブルがある。

Anker mobilebattery usbpd 01

電源ボタンはiPhoneのホームボタンをモチーフにしている。
その中に、バッテリー残量のインジケーターが表示される仕組み。

イヤホンなどの小型のデバイスに使う時のために、低電流モードに切り替えることができる。

電源ボタンを2回押し

LEDが緑色になると低電流モードに切り替わる。

という感じで、昔の10000mAhバッテリーと比べると進化を感じさせる仕様になっています。

ポイントとしては、バッテリー本体の充電には18W以上の充電器を使ってUSB PDで充電すること、iPhoneやiPadにはそのまま充電、イヤホンやスマートウォッチへは低電流モードで充電すること。

普通のモバイルバッテリーより高速で充電できるので、電源が確保できない場所に行くときに重宝しそうです。

Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000) (10000mAh / 大容量モバイルバッテリー) 【USB Power Delivery対応/PowerIQ 3.0 (Gen2) 搭載/PSE技術基準適合/USB-C入力対応】 iPhone 13 / iPhone 12 Pixel4 その他 各種機器対応 (ブラック)

 Anker 523 Power Bank

小さくて軽い5000mAhバッテリーとは全く違うので、使い分けると良さそう。

問題は、使い古したモバイルバッテリーをどうするか?

年代物のバッテリーが結構溜まってるんですよね・・・。

そちらについては、また今度やりましょう。

関連するエントリー

dtv