新型iPad ProにはA14Xチップが搭載、miniLEDや5G対応で2021年に登場

IPadPro2020 A14Xchip

新しいiPad Proには、A14Xチップが搭載されるようです。

現行のiPad Proに搭載されているSoCは、A12Z Bionicチップ。以前のiPad Proに搭載されていたA12X Bionicチップをさらに改良したSoCになります。

そうなると次に搭載されるのは、A13 BionicをベースにしたA13X Bionicチップになる?

・・・と思いきや、A13は華麗にスルーして、いきなりA14をベースにしたA14Xチップになるようです。

A14チップは、2020年モデルのiPhone 12シリーズに初搭載されるとされているSoC。スマートフォン向けのSoCとしては初めて5nmプロセスになるということで、高性能と省電力を兼ね備えたSoCになると言われています。

過去、iPad Proに搭載されたSoCを改めてチェックすると、A10 FusionチップをベースとしたA10X、A12 BionicチップをベースとしたA12Xと、さらにそれを改良したA12Zという具合になっています。

A10Xから(A11はスルーして)A12XとA12Z。
そこからA13はスルーしてA14Xが出るという感じ。
1個飛ばしの2年周期ですね。

新しいiPad Proは、この他にもminiLEDディスプレイや5Gに対応すると噂されていて、登場時期は2021年になるとされています。その頃に登場するのなら、確かにA13XではなくA14Xを搭載していても不思議ではありませんね。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。