新型iPad ProにはA14Xチップが搭載、miniLEDや5G対応で2021年に登場

IPadPro2020 A14Xchip

新しいiPad Proには、A14Xチップが搭載されるようです。

現行のiPad Proに搭載されているSoCは、A12Z Bionicチップ。以前のiPad Proに搭載されていたA12X Bionicチップをさらに改良したSoCになります。

そうなると次に搭載されるのは、A13 BionicをベースにしたA13X Bionicチップになる?

・・・と思いきや、A13は華麗にスルーして、いきなりA14をベースにしたA14Xチップになるようです。

A14チップは、2020年モデルのiPhone 12シリーズに初搭載されるとされているSoC。スマートフォン向けのSoCとしては初めて5nmプロセスになるということで、高性能と省電力を兼ね備えたSoCになると言われています。

過去、iPad Proに搭載されたSoCを改めてチェックすると、A10 FusionチップをベースとしたA10X、A12 BionicチップをベースとしたA12Xと、さらにそれを改良したA12Zという具合になっています。

A10Xから(A11はスルーして)A12XとA12Z。
そこからA13はスルーしてA14Xが出るという感じ。
1個飛ばしの2年周期ですね。

新しいiPad Proは、この他にもminiLEDディスプレイや5Gに対応すると噂されていて、登場時期は2021年になるとされています。その頃に登場するのなら、確かにA13XではなくA14Xを搭載していても不思議ではありませんね。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。