iPhone 12シリーズのバッテリー容量が明らかに、iPhone 11よりもやや少なめ

iPhone 12シリーズに搭載されるバッテリーパックの情報がリークされました。

最小モデルとなる5.4インチ「iPhone 12」は、ストレート型のバッテリーパックを搭載。

バッテリー容量は2,227mAhとなっています。

IPhone12 batterypack 02

バッテリーパックは、「iPhone 11」のようなストレート型。

容量は「iPhone 11」の3,110 mAhよりも少なく、「iPhone SE 2020」や「iPhone 8」の1,821 mAhよりも多くなります。本体サイズを考えると、かなり良い方じゃないでしょうか。

6.1インチの「iPhone 12 Max」と「iPhone 12 Pro」のバッテリーパックについては、写真はリークされていません。容量はどちらも2,775mAhで、バッテリーパックの型番が同じなので、共通のバッテリーパックを搭載していることになります。

比較対象として、「iPhone 11」のバッテリーパックはストレート型で3,110 mAh、「iPhone 11 Pro」のバッテリーパックはL字型で3,046mAh。

「iPhone 12 Max」と「iPhone 12 Pro」のバッテリーは、それらよりも容量が少し少なくなっています。

6.1インチというサイズを考えると、ちょっと物足りないですね。

IPhone12 batterypack 01

こちらは、6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」のバッテリーパック。

「iPhone 11 Pro Max」のバッテリーと同じL字型ですが、長さがかなり短くなっています。

それでいてバッテリー容量は3,687mAh

「iPhone 11 Pro Max」のバッテリー容量は3,969mAhですから、わずか282mAh少なくなっているだけ。バッテリーパックのサイズがこんなに小さくなっているのに、バッテリー容量はあまり変わりません。その分、厚みは増しているのでしょうか。

iPhone 12シリーズのバッテリー容量

  • iPhone 12:2,227mAh
  • iPhone 12 Max:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3,687mAh

現行iPhoneのバッテリー容量

  • iPhone SE 2020:1,821 mAh
  • iPhone 11:3,110 mAh
  • iPhone 11 Pro:3,046mAh
  • iPhone 11 Pro Max:3,969mAh

バッテリーパックがちょっと小さくなるということで、iPhone 11シリーズよりも軽量化される?ちょっと期待。バッテリー駆動時間はそんなに変わらないでしょう。最小モデルの「iPhone 12」についてはバッテリー容量はそれなりにあり、「iPhone SE 2020」よりも重くなるでしょう。

また、iPhone 12シリーズには同梱されないというUSB充電アダプターについては、従来の5Wタイプと新しく20Wタイプがあります。5WタイプはUSB-A搭載の例のサイコロ型のやつ、20WタイプはUSB-Cポート搭載の新型モデルになります。どちらも別売りとなります。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。